FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

財政再建 成功国に学ぶ 日経コラム経済教室から

今日、日経新聞のコラム「経済教室」にカナダの財務相のお話が載ってました。
財政再建に成功したポイントは、リード記事をそのまま引用すれば
①カナダは好況期の債務返済で危機に備えた
②法人税引き下げにより企業の生産性は向上
③真の成長原動力は民間部門の革新や企業家
とのことです。

「はい、おっしゃる通りです」と納得せざるを得ないのですが、なぜ、日本はそれができないのでしょうか。
思うに、環境や社会的な制度が異なるからとも言えますが、日本人の文化や価値観、行動様式等の根深いところに原因があるような気もします。

聞くところによれば、カナダは福祉国家であり、税制にも、国民・住民の生活、福祉を大切にするという思想が強く反映されており、所得税が中心で、法人税と消費税は補完的な役割を果たしているにすぎないとのこと。法人税は日本より税率が低い(課税ベースは広い)のはもちろん、消費税も段階的に引き下げられているようです。しかも、基礎食料品等はゼロ税率とのこと。税制にも、国柄がにじみ出ているようで面白いですね。

格付け会社も、カナダの国債に最高ランクを付与しているようですが、その理由として「カナダの政治、経済両面での優位性には、効率的で安定的、かつ予測可能な同国の政策立案と政治運営が大きく貢献していると評価できる」と述べています。
「効率的で安定的、かつ予測可能な政策立案と政治運営」。日本でも早く実現して欲しいですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

木村総合会計

Author:木村総合会計
木村総合会計のブログにようこそ。
このブログでは、仕事にかぎらず、いままで、日々感じたこと、思いついたことを、形式ばらず、ざっくばらんに書いていけたらとおもっています。
今後ともよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。