FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会計について

会計とは何でしょうか。
単なる帳簿付け?税務申告のためのもの?役所に提出するために仕方なく提出するためのもの?
確かにそのような側面はあります。
でも、もっと根本的なところで会計をとらえた場合、どのように位置づけることができるでしょうか。
私は、会計を、企業活動を正確に写し取る(写像する)ための技術と考えています。

もちろん、会計には企業活動の写像するという点において、限界もあります。
定性的な情報を取り込めないからです。
例えば、わが社に技術力があるといったところで、それは、利益という形で顕在化するまで、会計には反映されてきません。
また、技術力はあるのに経営力に欠けるため、利益がでないというケースにおいても、会計数値を見ただけでは、原因分析が困難かもしれません。
しかし、会計数値を知って、初めて業績の良否を把握し、原因分析ができるのであって、会計の有用性が否定されるものではありません。

それでは、会計を利用する人々それぞれの立場から、会計の有用性を考えてみましょう。
まず、最初に資金の提供者です。株主・債権者です。
株主・債権者は、経営者が、自分たちの提供した資金を適切に管理・運用しているか関心を持っています。
経営者も、株主・債権者から提供された資金を適切に管理・運用する責任があります。
この責任を受託責任といいます。
経営者は、会計報告を通じて、株主・債権者に財政状態・経営成績を報告することで受託責任が解除されます。
これが、外部報告目的に利用される会計報告です。
具体的には、上場企業であれば、株主に対して公開する財務諸表、未公開企業では、銀行等に提出する計算書類がこれに当たるでしょう。

次に、経営者です。
経営者は、適切な経営意思決定をするための情報・手段として、会計を利用します。
これが、内部管理目的に利用される会計報告です。
具体的には、中長期事業計画や単年度予算、部門別損益計算書等を挙げることができるでしょう。
これらの管理手段としての会計報告を利用することで、経営者は経営意思決定を行っています。
取締役会では、毎月一回、月次の予算と実績を比較分析し、今打つべき手を考えます。
また、部門別損益計算書では、部門管理責任者の業績評価の資料とし、例えば人事評価の参考とします。
そのほか、さまざまな切り口から、会計データを取り出し、製品別、部門別の収益性等を把握し、
今後の予算、経営計画、スクラップ・アンド・ビルドの参考資料とします。
この内部管理目的の会計データを適切に取り出し、活用していくかが、経営者が適切な意思決定を行って行くうえで、非常に重要になってきます。

このように、会計は、経営者の受託責任の解除、経営意思決定に資する経営管理資料の作成手法として非常に重要な役割を持っていることを理解することが会計を知る第一歩になるかと思います。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

木村総合会計

Author:木村総合会計
木村総合会計のブログにようこそ。
このブログでは、仕事にかぎらず、いままで、日々感じたこと、思いついたことを、形式ばらず、ざっくばらんに書いていけたらとおもっています。
今後ともよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。